Decentrized Cyber Threat Intelligence Kaizen Framework

サイバーリスクへの対処能力が企業価値を決める。

「データに基づいたセキュリティ対策」だけが、お客さまを納得させる。
ワークフローによるセキュリティ強化
データに基づいたセキュリティ対策を探索的アプローチでワークフロー化することで、チームに対して具体的なアクションを客観的に共有することができます。
耐障害性に優れた柔軟な情報共有
スマートコントラクトを利用することで、耐障害性のある協力体制とサイバー脅威情報の開示に関するプログラマブルな制御を実現することができます。
サイバー脅威情報の費用対効果の測定
サイバー脅威情報(IOCなど)の生成コストを配布コストで表現することで、自分たちのセキュリティスキルの偏りや、他組織との協力状態をデータに基づいて判断可能になります。
変化する脅威に対応できるスキルの証明
インテリジェンスの配布を通じてアチーブメントの取得が可能です。変化するサイバー脅威に対応できる能力を、アチーブメントによって証明することができます。
日々のセキュリティ貢献をみえる化
セキュリティスタッフの日々の貢献をグラフ化することで、自社のセキュリティ投資の積極性や継続性をお客さま自身で判断できるようになります。
MISPとのシームレスな機能連携
業界標準のOSS脅威情報共有プラットフォーム「MISP」とシームレスなデータ連携を行うことで効率的なセキュリティ対策を実現します。
© 2021 NTT Communications Corporation.